産と学の英知を繋げる産学連携推進委員会

産学連携推進委員会の目的

本委員会は、TRAMI運営委員会の諮問機関として、2019年に設置され、以下の目的達成のため、 活動しています。

  1. 動力伝達技術分野での学の基礎・基盤研究を活性化するとともに、その深化を支える。
  2. 動力伝達技術分野の人の交流を活発化させ、その活動を通じて、産・学の人財を育成する。
  3. (1)、(2)をもって持続的な学の発展ならびに技術革新へ貢献する。

産学連携推進委員会の活動

  1. 目的(1)を達成するため、大学、高専、研究機関等における教育・研究従事者から、動力伝達技術の革新につながる研究テーマを公募し、自動車用動力伝達技術研究組合と研究を実施する。
  2. 目的(2)に寄与するため、組合員および教育・研究従事者、学生を対象に、講演会、講習会等を行う。
  3. 本委員会の委員長:東京工業大学 北條春夫 名誉教授

2021年度「動力伝達の未来を支える基盤技術に対する研究」の公募

TRAMIでは、駆動系技術の革新を期待するとともに、大学等の高等教育機関における機械要素・動力伝達に 関する教育・研究活動の充実を願い、下記の分野で研究テーマを募集、採択された研究を支援します。

  1. 機械要素
  2. トライボロジー
  3. 音・振動

研究費は 150万円/年(消費税含まず、間接経費込み)で、原則、研究期間は2ヶ年です。科研費等の申請と 同じテーマでの申請も可とします。締め切りは、2020年11月4日正午です。公募要項をご一読ください。

・2020年度分は、4件採択されました。

・2021年度分は、6件程度を採択予定です。

公募要項

PDFファイルはこちら (ダウンロード

2021年度「動力伝達の未来を支える基盤技術に対する研究」の公募申請書ファイル

PDFファイルはこちら  wordファイルはこちら

お問い合わせ

自動車用動力伝達技術研究組合
TEL / FAX:03-5843-8639